社会福祉法人 神戸市灘区社会福祉協議会

子育て支援

児童館の運営

児童館一覧表・児童館だより

児童館は、児童福祉法が規定する0歳から18歳未満のすべての児童を対象に、健全な遊びを提供して、その心身の健康を増進し情操を豊かにすることを目的としています。事業内容の目的に応じて、地域の誰もが利用できる施設です。

灘区には神戸市立の児童館が10館開設されています。このうち4館(八幡、灘、原田、河原)は灘区社会福祉協議会が神戸市社会福祉協議会と協力しながら市から管理運営を受託し運営しています。(上野、六甲道、鶴甲、都、篠原、高羽は他団体が管理運営)

児童館の開館時間は午前9時30分~午後5時です。遊戯室、図書室、育成室などが備えられ、読書やゲーム、工作などが楽しめるほか、次のような事業・活動を行っています。

児童館一覧表・児童館だより

児童健全育成事業

1. 子ども育成事業

様々な行事や健全な遊びを通じて子どもたちの創造性を育むと共に、集団的なモラルを学ぶ活動を行います。

(1) ふれあい交流事業
① 国際交流事業

神戸在住の留学生により国の地理・歴史・言葉・習慣や子どもの遊びの紹介を行い、児童が直接体験を通じて海外に対する理解と国際感覚を養うことを目的として実施しています。

② 高齢者とのふれあい交流事業

高齢者とのふれあい交流事業は、「老人会」や「地域福祉センター」や「高齢者福祉施設」などの諸団体との交流を通して、児童が高齢者へのいたわり、敬愛の念、思いやりの心を芽生えさせることにより、地域の中で異世代間の交流を深めることを目的としています。

③ 自然とのふれあい交流事業

環境問題への関心が高まる中、自然との交流事業は、エコ活動などを通して楽しみながら自然や環境について学び、その体験を日常生活に取り入れ実践していくことを目的としています。

④ 児童館合同事業

「灘ふれあい秋まつり」等に参加し、工作や遊びの紹介を行い、地域との交流を深めています。

2. 子育て家庭支援事業

(1) 放課後児童クラブ(学童保育)事業

①小学校に就学している子どもで、保護者が就労により昼間家庭にいない子どもや、疾病、介護 等により昼間家庭での養育ができない子どもを対象としていて、②その放課後の時間帯において 子どもに適切な遊び及び生活の場を提供し、③子どもの「遊び」及び「生活」を支援することを通して、その子どもの健全育成を図ることを目的としています。

3. 在宅育児支援事業

(1) 親子館事業

児童館で行う在宅育児家庭支援事業を総称して「親子館事業」と呼びます。就学前の乳幼児とそ の保護者を対象に①すこやかクラブ②キッズクラブ③なかよしひろばの3つの事業を実施しています。

4. 地域での子育て支援事業

灘区社会福祉協議会は地区民生委員児童委員協議会などの地域の応援を得て、子育て応援プラザ灘、灘区子ども家庭支援課と連携し、「ベビーキャラバン」等を実施し、子育て支援に取り組んでいます。

5. 地域連携推進事業

(1) ボランティアの受け入れと育成

子ども一人ひとりや親のニーズ、地域全体のニーズにできるだけ応えられるように、児童館にかかわる地域の人々や学生などが活躍できる場を作り、子どもたちと一緒に関わってもらうようにしています。

※児童館での子どものあそび・絵本・見守りのボランティア募集中。

(2) 子育てコミュニティ育成事業

地域ぐるみで子ども達の健全育成をはかるため、日祝日等の児童館休館日に施設を地域団体等へ開放する子育てコミュニティ育成事業を進めています。

6. その他の事業

(1) 児童館実習生の受入れ

大学生などの児童館実習を受け入れ、福祉事業の人材育成に協力しています。

(2) トライやるウィーク、ワークキャンプの受入れ

中高生のボランティア活動を受け入れ、体験を通じて社会性を伸ばします。
※ 各事業の詳細につきましては、直接児童館にお問合わせください。

(3) 学童保育指導員募集

児童館や学童保育コーナーで働きませんか?
灘区社会福祉協議会までお問い合わせください。

ページトップへ